2011年11月30日

屋根の材料 瓦 とは

日本のように雨の多い国では,屋根瓦がずい分役に立っています。

瓦というものを、いつ誰れが考え出したのか、これはよく分かりませんが、焼き物の瓦は中国で発明されたようです。そして朝鮮半島を経て日本にに伝えられましたが、いろいろ改良が加えられ、今ではすっかりわが国の風土にとけこんだものとなり、もともと中国から始まったとは誰も考えていないほどです。
日本の住宅には瓦のイメージが強いのではないでしょうか?

瓦は丸瓦と平瓦を組み合わせて雨や雪に対するものでしたが、次第に種類が増えていきました。
そして現代では装飾として作られたものもずいぶん見られます。

屋根の形によって葺きかたも、また使われる瓦も異なります。
軒先を飾ることはもちろん、けらばにも文様を飾った瓦を使っています。
釉薬により色とりどりの瓦になったり、いぶし銀の渋い色合いもあります。
屋根工事で瓦は雨をしのぐため、住まいを守るため、しっかりとした施工が必要です。
歴史を持つ屋根瓦。
大切なお住まいを守る要でもありますので、定期的なメンテナンスを心がけましょう。

大棟や降り棟は高く積み、飾り瓦を置いておりますし、その先端には鬼瓦を据えています。

大棟といえば、古い時代には鴟尾をその先端にのせていました。時代が降り、城が築かれるようになると鯱がのせられるようになります。それから直接屋根の上ではありませんが、隅木の先や垂木の先を飾るために隅木蓋瓦や垂木先瓦などが用いられることもあります。このように、屋根の部分によっていろいろなものが作られました。

屋根 千葉
ソーラー発電 千葉
千葉 リフォーム
塗装 千葉
横浜 屋根工事
塗装 見積り
千葉 塗装工事
葬儀 横浜
横浜 葬式
posted by レモン at 05:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。